美容室

お客さんの前で美容師さんがアシスタントさんを注意するのって…?

私がいつも通っている美容院。
とっても技術力があってよい美容院なんですけど。
時々、ん?って思うのが、ここの美容院の特徴なんです。

っていうか、どこの美容院もそうなのかしら?
接客に問題があるというか。
なんていうんでしょう。
決して失礼な態度をするわけではないんですよ。
でも、居心地の良いお客さん中心の接客ではないんですよね。

美容室

もちろん、お客さんである私と会話をします。
でも、会話に集中していないのがバレバレです。
話をふられて、話を返している時に、あ。この人聞いていないだろうな。
っていう雰囲気を察知できちゃうというか。
美容師さんたちは私の話には上の空で店内をチラチラ見ています。
有名店なので。
とても忙しいお店です。
指名している美容師さんは、同時に何人かのお客さんを担当します。
アシスタントさんが主についてくれています。
これは仕方がない事だと思っています。

でも、美容師さんもアシスタントさんも、目の前のお客さんよりも、周りの状況に気を配るのが必死だったりします。
私の髪の毛を乾かしながら、あっちの様子こっちの様子を伺うのは当たり前。
わかるんですよ。
そうしないといけないのは、よくわかるんです。
でも、それをお客さんに悟られてはいけないと思うんです。

アシスタントの中にも先輩後輩があって。
わりと中堅どころのアシスタントの男の子がいます。
よく私の髪の毛をやってくれる人です。
この男の子は、プライドが高いのか、よく下の子に先輩風を吹かせているのを見かけます。
若い子を捕まえては、怒りながら指示しているのを見かけます。

今日は、そのアシスタントさん。
私の髪の毛を染めているときに、どうやら担当美容師さんのチェックを抜かした模様でした。
いつもだったら、シャンプーの前に担当美容師さんが来て、チェックして。
「うん、いいね。」って言って、シャンプーに入るんです。

でも、今日はそれがなくて。
私も、あれ?って思ったのですけど、あーこのアシスタントさんの権限が増えたのかな?
なんて思っていました。

でも、どうやら確認を怠っただけだったようで。
小声ですが、「なんで確認しなかったの」と担当美容師さんに怒られていました。

えっと。
聞こえていますよ。

私はこういう空気敏感です。
すぐいたたまれない気持ちになってしまいます。
怒ったり、怒られたり、注意されたりするのは、良いと思うんですよ。
でもやっぱりお客さんの前でするのは、どうかなー。
って思うんですよね。

ま、技術もセンスもよいのでいいんですけど。
いつか、担当美容師さんにどう思ってるのか聞いてみたいな。